FC2ブログ

セレクションのブログ=「セレログ」

鈴鹿のバイクショップ「セレクション」からの情報発信ブログ

2020 CRF450Rスーパーモトマシン製作しました

IMG_0146.jpg
2020年も新車からのスーパーモト製作のご依頼をいただきまして、誠にありがとうございます。

2017モデルから始まったCRF450R-PE07型も、今年で4年目でして完成度が非常に高い熟成度満点の最終形になります。

2021年モデルはフルモデルチェンジが予定されていますが、やはりマシンの熟成度では2020年モデルでしょう!

IMG_0152.jpg
当社でも、PE07型のスーパーモト製作は何台も行いましたので、各パーツの図面も、ほぼ揃ってます。

このキャリパーアダプターも、わざわざワンオフで削ってもらっています。

今回はオーナー様のご指定でマルケジーニ製17インチフロントホイールを採用しました。

IMG_0182.jpg
迫力のツインエキゾーストも2020年モデルが最後のようです(たぶん)。

このエキゾーストはスーパーモトとも相性が良く、そのままでもタイヤとサイレンサーが干渉しません。

2本だからサイレンサーボディーが小型に出来るんですよね。 大変気に入っています(^^♪

IMG_0160.jpg
マスターも定番のブレンボ製 ブレーキホースは、セレクション特別オーダー品です。

IMG_0174.jpg
このユーザー様は、セレクション開店当初からのお客様で、主にファンライドを楽しまれています。

「必ずしもレースに出ないといけない」 なんてことはありません。

自慢のマシンで、手軽に非日常を楽しむ!

最高の大人の玩具ではないでしょうか? 贅沢ですね~(笑)

鈴鹿南コースを走るスーパーモトマシンも、徐々にですが増えつつあります(本当か!?)笑

いつかモトチャレで、スーパーモトクラスが開催されるのがセレクションの目標です。

そんな日を夢見て、頑張るぞ~っと (^^♪




ベルズレーシング使用#44スペシャルラジエターの宣伝

P_20200218_202857.jpg
先日、鈴鹿の全日本モトクロスチームのベルズレーシング代表#44小島庸平選手が、忙しい日々の中わざわざ自社製品の宣伝にお店に来てくれました。

モトクロスって水温計が付いて無いのと、後半どうしても身体がタレてくるので感じにくいが、スタートして1~2周目とラスト2周ではエンジンパワー感が違うでしょ?

後半になって身体が加速感に慣れてきたのかな? って思いやすいが実はエンジンもタレてきてます。

ましてや全日本クラスになると半端無いくらいエンジン開けまけるので、後半必ずエンジンタレます。

あと小島選手が言ってましたが、転倒時のラジエター破損軽減に使うラジエターガードですが、彼らレベルになると車体の剛性が変わってしまうのが分かるらしいですΣ(・□・;)

しかも、「ラジエターガード重量が重くなるので嫌だ」とも… (アマチュアレベルでは中々分からない感覚です)

さすが元全日本チャンピオンだけのことはありますΣ(・□・;)

そんなこんなで自身のアイデアから製作した44スペシャルラジエターを、当店でも販売しています。

CRF250R用は、通常在庫販売品¥144500(税別)

CRF450R用は、受注販売品¥160000(税別)になります。

ベルズレーシング参戦車が装着している、テルミニョーニ製エキゾースト(ホンダCRF250/450Rのみ取り扱い)も、ご用意出来ますので、当方へご相談くださいませ。

全日本スーパーモト戦でも必ず武器になるスペシャルパーツです、ぜひ2020シーズン装着してみてください!

P_20200215_193537.jpg
先日久々に桑名の夜の街を徘徊しておりました…

以前から気になっていた桑名駅前の銀座商店街にも行けました(笑)

昭和の感じがプンプン匂う哀愁漂ういい飲み屋街でした。 また行こうっと(^^♪









2020モデルCRF450Rが入荷してきました

IMG_0001_1.jpg
2020年モデルもCRF450Rをご成約いただきました、本当にありがとうございます。

日本ではなかなか販売出来ない450CCモトクロッサーを、販売出来る喜びは何事にも代えがたい充実感があります。

このCRFもスーパーモト仕様にコンバートしますので、これまた楽しい作業が待っています(笑)

17モデルから現行のモデルになりまして今回が、このモデルの完成形でもあります最終型になります。

熟成された2020モデルCRF450Rはトルクコントロールシステムを搭載して、更に戦闘力も上がりノーマル状態の車両でもかなり高いレベルでの走行が可能です。

450CCモトクロッサーベースのスーパーモトマシンは、250CCモトクロッサーベーのスーパーモトマシンに比べ高い耐久性と安定した操安性があり、ファンライドで楽しむユーザー様にはおすすめの車両です。

スーパーモト仕様へのコンバージョンも、お客様の予算や好みで使用するパーツを選択しますので低予算仕様から豪華装備仕様まで、お任せくださいませ。

当方でのスーパーモト仕様への製作おすすめはホンダCRF450RとヤマハYZ450Fです。

今季2020モデルの受注は終了しましたが、逆輸入EUR仕様CRF250R/450Rなら今からでも手に入りますので、ご相談ください。

鈴鹿なら、市内に鈴鹿南コース・スズカツインサーキット・モーターランドスズカと3つも走れるコースも在りますので遊び場にも困りませんよ(^^♪

さあ、今からでも遅くはない、全日本スーパーモト選手権の頂点を目指そうではありませんか!(笑)