FC2ブログ

セレクションのブログ=「セレログ」

鈴鹿のバイクショップ「セレクション」からの情報発信ブログ

2020年モデルヤマハYZ250FXが入庫しましたよ

IMG_9399.jpg
話題の新型2020年モデルのヤマハYZ250FXが入庫してきました♪♪♪

年々ヤマハのXCマシンは完成度が上がり、新車の状態で十分戦える仕様になってきています。

今回の車両もガード類をちょっと装着するくらいで、基本的な仕様は何も手を加えず納車の予定です。

新車で購入するメリットは何といっても、すべての部品が新品で出来ているということ!

当たり前ですが、やっぱりトラブルが少なくレースや練習走行での走行中止という事が本当に少なく安心して乗れるという最大のメリット。

何より大切なのは、「時間

予定を組んで、友達と連絡取り合って、朝早く起きて、長時間車で移動して、走行料金(エントリー代)払って、走行準備して、やっと走ろうと思ったらエンジン掛からない… 

忙しい社会人は、仕事終わって疲れている中、なかなかマシンの整備なんて出来ませんよね~

新車だからといってノーメンテナンスは、NO GOODですが、やっぱり整備に掛かる時間は圧倒的に少なく済みます。

トレーニングに掛けれる時間も増やすことも出来て、快適にバイクライフを送ることが出来ます。

そんな理由で、レーサー(競技専用車)の購入をお考えなら、絶対新車がおススメです。

基本競技用車両は、期日内の完全受注生産車ですので発注しないと出来上がって来ないという特殊な受注システムになります。

ヤマハは12月8日までの受注、ホンダは12月末までの受注となります。

乗るか、乗らないかは、あなた次第です!

ご注文お待ちしておりま~す(笑)

1本は欲しいスペアホイールの製作はセレクションにお任せ下さい

P_20190724_175716.jpg
スペアホイールのご注文いただきました。
Z-WHEELのAR1ホイールをベースに、即交換出来るようにディスクローターやスプロケットもセットアップしました

タイヤは今回シンコーR546CHEATERを選択! 低価格でも高性能なメーカーです

サンスタKLX_3
メーカー純正品にも採用されているサンスター製のアルミスプロケット(日本製)のブラックアルマイト仕様

昔から精度良く強度にも優れ人気なブランドです。

パーツのセットアップ相談や注文も、セレクションにお任せ下さい!!!

キャッチタンクって、どうやって取付けるんですか? YZ450Fの場合

キャッチタンク10
以前に取付けさせていただいたキャッチタンクが、取付け位置もあまり良くなかったので、思いきって全面改修しました。

どんな順序(苦労)で作ってる分かってもらえないと、なかなか正当な料金を請求出来ませんからね(笑)

まずは取付け位置を入念に測定して、CADにて製図して、出来た図面をプリントアウトします。

そして材料に、図面を貼り付けます。

キャッチタンク9
材料を切って曲げます

キャッチタンク8
出来たステーを車両に取付けます

キャッチタンク7
タンク付けて仮付けします

キャッチタンク5
問題なければ、本溶接してきます

キャッチタンク3
車体に取付けて完成