FC2ブログ

セレクションのブログ=「セレログ」

鈴鹿のバイクショップ「セレクション」からの情報発信ブログ

2019流行の2サイクル125CCのフルオーバーホール

P_20190801_165642s.jpg
モトクロス界では、全日本選手権でエキシビジョンレースが開催されるなど2サイクル125CCのモトクロッサーがトレンドとなっとります。

2サイクル独特のサウンドや、車体が軽いのでクイックな車体特性も「これぞモトクロス!」って感じで再ブーム到来です(笑)

ヤマハは現行で2サイクル125CCのYZ125を販売していますが、国産他社はすでに生産終了済み…

そうなるとレストアして(CRは最終型でも部品が品薄らしい)参戦するしかないので、全国的に2サイクルモトクロッサーのレストアブームが流行しているはずです。

そんな流行に乗ってセレクションでも再生中な125CCモトクロッサー「YZ125」

P_20190801_165651S.jpg
それほど古い車体ではありませんが、数年放置されていたようなので各部全分解にて洗浄&給油していきます。

P_20190809_133008s.jpg
エンジン特性も扱いやすいように、圧縮比を落としカバナースプリングもSPレートの高いものへ変更します。
スクーターのプーリーの原理ですね

P_20190804_163546S.jpg
ホイール周りも新品タイヤに入れ替えたり、リヤショックの仕様変更&オーバーホール。

リンク周りも点検グリスアップ、ブレーキキャリパーも分解洗浄(しかも前後)、チェーン交換など、重労働作業です(笑)

P_20190806_193822.jpg
フロントフォークも仕様変更&オーバーホールと思いきや、まさかの加圧ピストン割れ発覚!

全然フルボトムするようなハードな走行はしていないはずなのに樹脂の劣化でしょうか?左右ともに思いっきり割れてました…

以前よりKYBのサスでは多く発生していますが、早期の対策を強く求めます(最新型変わってたらゴメンナサイ)

P_20190806_193753.jpg
現在は手軽に代替品が手に入るので、便利になりましたが高価な部品なのでライダーにとっては痛い出費ですよね

お馴染みZETA製のアルミ製ピストンキットを利用しました。 標準でアルミで良いのでは?


と、フルオーバーホールと言うと簡単ですが、作業量(作業時間)は膨大になりますのでお利用は計画的に!

この暑い酷暑のなか、こんな作業もしております。 

暑い中では、ついついボ~っとしてしまい作業ミスが発生しやすいので、作業環境を整えて集中して整備しましょう。

お盆も終わり、これから涼しくなっていきます。

しばらく乗っていなかったライダーも、そろそろ準備を始めませんか? ご依頼お待ちしております!


暑いのでブログ更新停滞中(笑えない)

P_20190806_213719.jpg
このところ多忙&暑すぎでブログ更新する気も出ず…  サボってしまいました

そんな暑い中、#44小島庸平選手が、わざわざ名阪戦のポスター&販売用のチケットを持って来てくれました(長話してて画像無)。

ということで、今年も9/14~9/15の奈良県名阪スポーツランドで開催される全日本モトクロスのチケット販売してます。

このチケット販売は当方利益いただいておりませんので、ちょっとでもMX業界に貢献をとボランティア販売です(笑)


P_20190801_165634 (1)
この名阪ラウンドには、話題の2サイクル125CCエキシビジョンレースが開催されます!!!

この地方からも、元全日本チャンプやレジェンドライダーが参戦される噂を聞きましたので、楽しみですね~

さてと仕事しよっと

(画像と本文は関係ありません笑)

2サイクルエンジンやっぱ最高です!

YZ250X_1s.jpg
2004年のCRF250Rがデビューした時にセレクションはオープンしました。

各メーカー4サイクルのモトクロッサーが出揃って、これから4サイクルの時代が本格的に始まるぞという時代でした。

あれから15年、2019年にまさか2サイクルエンジンのケースを割っているなんて、あの頃に想像できたでしょうか(笑

木村さんが現役でモトクロスやってた2000年前後には、よく自分のCRのエンジンを、あーだこーだイジくってた経験が、こんなところで生きるなんて不思議な縁ですね~

YZ250X_9s.jpg
しかし2サイクルエンジンは、やっぱり2輪車との相性は最高です

トルクが薄い2サイクルエンジンは、重量のある4輪車には不向きですが、スペースの少ない2輪車にも搭載しやすく、軽量な2輪車は2サイクルの薄いトルクでも良く走るので、まさに2輪車のためのエンジンといっても良いのではないでしょうか?

まあこの時代、潤滑オイルをガソリンと一緒に燃焼させるという燃焼方法では、排ガス規制値を通せないので実用的には無理ですけどね・・・

しかし、排ガス規制のないレースの世界では、まだまだ人気が絶えません!

YZ250X_10s.jpg
セレクションも住宅街にありますので、エンジン始動する場合は、迷惑にならない場所まで運んでエンジンチェックしています。

水温上がるまでエンジン掛けてると、確かにうるさいからね~ マナーですね(笑

木村さんが、初めてYZ250を所有したのは高校2?3年の時だった… 

1991年モデルの中古でWR250Z仕様にしてあった師匠のお下がりだった。

今となっては良い思い出ですな(笑