FC2ブログ

セレクションのブログ=「セレログ」

鈴鹿のバイクショップ「セレクション」からの情報発信ブログ

10月16日(日)はWEX(エンデューロレース)イナベ戦ですね!

462_20160930201543841.jpg
9月も今日で終わりですね~  しかしよく振る雨ですね~ (♯`∧´)
週間天気予報見ても、この雨しばらく続きそうです・・・

10月は1年で唯一イナベMSLで開催されるWEX戦が16日に開催されます。
JNCC戦ほどカリカリしてないので、サンデーライダーでも十分楽しめるレベルだと思います。
迷ってるなら出たほうが良いと思います(笑)
昨年は天気よかったので、今年もグッドコンディションで走れることを祈りましょう~

561.jpg

今シーズンは、マシンをYZ250FXにチェンジした小学校の先生でもあります「S先生」も参戦いたします。
昨年より段違いにレベルアップしたS先生の走りにも注目です!!!
毎年参戦することで、自分のレベルアップ度もわかりやすいですよね。
さあ、今年は何位に入れるかな? 楽しみに期待しております。

この週末は、特にイベント等ないのでセレクションは通常営業しております。
雨で足元悪いですが、お時間あれば遊びに来てくださいませ。
よろしくお願い致します \(^o^)/

スピードテックのグラフィックデガールキット YZF250/450 YZF250/450FX(14-17)

003_20160929200736d78.jpg
先日のYZ250FXのデガールキットですが、出来上がりまして無事納車いたしました。

現行のYZF系のシュラウドデガールは、新製法の印刷タイプなのでそこはノーマルを活かして、その他にデガールを貼ってカッコ良くしようという新しい商品です。

006_20160929200740101.jpg
やっぱりバックグラウンドはブラック色に限ります♪
個人的に大好きなので、450でもバックグラウンドをブラック色にすることが多々あります(笑)

005_20160929200738405.jpg
US YAMAHAワークスライクなフロントフェンダーゼッケン
お気に入りのポイントです

004_20160929200742590.jpg
タイヤブランドは何処にしようかと考えましたが、SHINKOさんやIRCはマニアック過ぎるし?
アメリカでYAMAHAといえば、やっぱりピレリでしょ!
でも、実際装着してるのはIRCだったりします。。。

007.jpg
YZF系で一番の貼る難所といえばサイドゼッケンかもしれませんね~
貼り付け面積が大きいのと3次曲面ですからね~
でも、このデガールキットならこんな曲面でもノンドライヤーで(全部ですが)貼れますォ━━(#゚Д゚#)━━!!
とっても貼りやすい特殊素材なのです。

009_20160929200806347.jpg
ヤマルーブロゴを入れたかったんですが、セレクションなら NUTEC でしょ
ということでオイルブランドロゴはNUTECです(本当に入れてもらってます)。
ちなみにSPIRALの帯付きシートカバー(2色カラー)は、特別製作品なので一般販売しておりません、ご了承願います。

008_201609292030263d8.jpg
スイングアーム部は、定番ブランドロゴで決めてみました。 
この部分にレンサルロゴは欠かせませんね(笑)

っと、「あまり派手なグラフィックデガールは苦手だ」っというオーナー様にも喜んで頂ける落ち着いた感じで仕上がっております。

デガールキット価格は、意外にお手頃になっておりますので、興味あるオーナー様 問い合わせお待ちしております。
よろしくお願い致します。

ホンダのエンジン高圧洗浄機の名機「WS-70」

2005inabe5h 012
まあ~ よく降る雨ですね~
モトクロス・エンデューロに関係なく雨でも開催するのがオフロードレースです。
まあ当然のように水田の中を走るみたいなもんですからドロドロになります。

003_20160928204703fb6.jpg
そんなオフロードライダーに必要になってくるのがエンジン高圧洗浄機!
オフロードコースには水道も電源もありませんので、最近ホームセンターで安く売ってる家庭用の高圧洗浄機は使えないんです。
昔からモトクロス会場で見かける高圧洗浄機シェアー第一位は、やっぱりホンダの名機「WS-70」
販売からもう25年くらい経ちます。
画像のセレクションのWS-70も初期型の1991年製造です。

しかし性能は今でも素晴らしく現役バリバリでしたが、ちょっと前から吸水しなくなって、しかも水圧も上がらなくなってました。
あれやこれや部品替えたりしてましたが、あまり調子良くならず悩んでましたが、ようやく1つの重要部品の不良が浮かび上がってきました。

しかしその部品けっこう高額なので,なんとか交換せずに修理しようとTAGUさんに部品作ってもらったり、自分でパーツ削ったり頑張りましたが、上手く直らず結局新品部品となりました。

ワーニーズさんに教えてもらったあの部品交換で、無事復活いたしました(((o(*゚▽゚*)o)))
やっぱり新品部品に交換が正解ですね(笑) もう水圧もバリバリ元気になりました。

しかしその部品も、「ゴソウダンパーツ」になっており残り数個の在庫になっておりました。
WS-70の修理もお任せさい。 メーカーから部品が出る限り修理いたします。

ということでマディーなレースも怖がらずにどんどん出走してください((((;゚Д゚)))))))
雨続きなので、マディーな話題でした。。。