FC2ブログ

セレクションのブログ=「セレログ」

鈴鹿のバイクショップ「セレクション」からの情報発信ブログ

たまに行くなら、こんな神社 「岐阜県お千代保稲荷神社」

IMG_9523.jpg
ほぼ毎月といっていいくらい岐阜県のお千代保稲荷神社(通称おちょぼさん)にお参りに行ってます。

商売繁盛のためにもお参りに行きますが、何だろうタイムスリップした昭和な感じが好きで、よく行きます。

IMG_9524.jpg
最近リニューアル工事?をしていたので、いろいろきれいになっていました。

これから年末や新年を迎えますので、忙しくなるでしょうね~

IMG_9531.jpg
最近はいろんなメディア等で取材されてる影響か、遠方からの大勢の観光客も時々見かけます。

神社の周りの商店も、昭和な感じが沢山残っていて、ほんとタイムスリップした感覚になりますよ。

食べ物屋さんも多いので、ツーリングの目的地にも宜しいかと思います。

養老地区には、店主木村も大好きな昭和感満載の養老ランド(遊園地)もありますので、家族で一日楽しめますよ。

商売繁盛 家族円満 ですね~(^^♪

P_20191125_195140.jpg
そ-いえば、四日市の泊に出来たイオンにはEVカート場が常設されてるとかで見てきました。

EV車両は残念ながら走ってませんでしたが、かなりコース幅広く意外に本格派なコース設定

しかしちょっと手軽に遊べる料金ではないので、数年後には無くなってしまうような予感が…?

興味ある方、お早目に行かれることをお勧めします。

「汎用部品」を如何に美しく取付けるかという美学

P_20191124_165035.jpg
先日セレクションから見えた夕日が幻想的にきれいだったので、撮りましたが市街地のため電柱が思いっきり真ん中にきてしまう構図に苦笑い(笑)

P_20191126_144451.jpg
今回は汎用部品として販売されているパーツを如何に純正ライクに取付けるか?という話題

プロトさんとこの汎用バーエンドキット。 

重量のあるブラス材が入っていて手元に来るバイブレーションを低減してくれる便利なパーツです。

主に社外製ハンドルに交換した場合に取付ける事を想定して作られていますが、中には純正ハンドルバーに付けたいというユーザー様もいますよね(今回のパターンです)。

ノーマルのハンドルって最初からハンドルウエイトが付いているので、取り外す事から始まりますが非常に時間と手間が掛かる作業です(汗!

P_20191126_143724.jpg
今回は即席で特殊工具を製作してスライドハンマーで取外しましたが、その時点で既に手間が掛かり過ぎ(笑)

そこからノーマルハンドルの内径やグリップとの隙間を埋めるべくパーツを削ったり穴開けたりと、尋常ではない手間が掛かります(笑)

P_20191126_144526.jpg
何度も確認して、やっと挿入段階まできた図。 

ちなみに取付け車両はホンダCB400SBですが、現行のCB400SF/SBはグリップヒーターが標準で装備されてるので純正ハンドルをそのまま使いたいのです(熱望!)

P_20191126_144932.jpg
そして、ピタっと取り付けたぞという図(左側)

P_20191126_144938.jpg
どうだ純正のようだ!と「自画自賛」の図(右側)

よく他店で取付けられたと思われるパーツを見ることがありますが、汎用部品を如何にキレイに取付けられるかで、そのお店の技術レベルがよくわかります。

車種専用設計でボルトオンパーツは誰でも取付けることが出来ますが、上手に付かないパーツを如何にぴったりと取付けられるか?が、腕の見せ所ではないでしょ~か?(笑)

オートバイのカスタマイズパーツの相談・取付けもお任せ下さいませ! 

ご来店お待ちしておりま~す(^^♪








鈴鹿市役所の展示スペースにてレア車両を発見しました

P_20191114_100054.jpg
先日、鈴鹿市役所に行ったら写真の2台が展示してあった。

最初R1の初期型かと思ったが、よく見るとR7ではないか!?

しかもお隣は名車RC45じゃないですか!?

2台ともほぼノーマルだし状態もグッドコンディション♪

2019年の現代では、なかなかお目に掛かれない2台に遭遇しましたとさ(笑)