FC2ブログ

セレクションのブログ=「セレログ」

鈴鹿のバイクショップ「セレクション」からの情報発信ブログ

生活を楽しむには「非日常」を取り入れることが重要だ

P_20200329_183649.jpg
これからのオートバイの立場ってのは、移動の道具からレジャー商品へと役目をもっともっと変えていっていくと考えています。

キャンプやアウトドア遊びが注目されているのは、何でも揃う不自由ない自宅の生活から飛び出して不自由な生活を楽しむことで非日常が味わえるからだと思います。

セレクション木村が日頃大切にしてるのは、その「非日常」というキーワードです。

人間同じ生活パターンを毎日毎年繰り返すと、慣れる=飽きる に辿り着くと考えます。

個人的にも、毎日どうしたら非日常を味わえるか?を捜しながら考えています。

そんな時にオートバイというのは、乗るだけで手軽に「非日常」の世界へ連れて行ってくれます。

例えば、いつも車で行くところへオートバイに乗り換えて行くだけで、いつもと何か違う日常を味わえます。

僕らが楽しんでるオフロードバイクなんて非日常のかたまりの様なもんです。

普段では絶対登らない急斜面を登ったり、ジェットコースターの様な下り坂を降りたり、とってもスリリング(笑)

レースの時なんて、スタート前の緊張感ていったら特別な●スリ服用しなくても勝手にハイになります(笑)

話は変わりますが…

近代では野焼きが禁止になり、家庭でもオール電化が普及し、なかなか炎を感じる機会が無くなったからだと思います。

薪ストーブや焚火台が、たくさん売れるのは、そんなところからきてるんじゃないでしょうか?

DG31J14.jpg
そんな焚火を楽しみに、これからの季節にキャンプ旅をセローと共に楽しむってのも非日常が簡単に味わえるじゃないでしょうか。

画像はノーマル仕様のセローですが、ツーリングセローなら、すぐにキャンプ直行出来上がり仕様になっています。

DG31J5.jpg
ご存知だと思いますが、現行セローがセロー最終モデルになります。その影響か、良く売れています。

このセロー号、なかなか万能でツーリング旅は勿論ですが、クロスカントリー競技会場でも、よく見かけます。

耐久性や信頼性はセローの歴史が物語っています(数少ない日本製オフロードバイクですし)。

長々と、そんなこんなで何が言いたいかといますと…



セロー買ってくださ~い(^^♪ ということです、おしまい(笑)











ISAスプロケットの特約店になりました!

Y-107.jpg
こんな小さなお店なのにスプロケットのISA社長から「是非」ということで、3月より直接契約出来る事になりました。

特約店になったからといってスプロケットの在庫がずらっと並ぶ訳ではありませんが、頑張ってISAスプロケットの良さを広めていこうと思っております。

ISAスプロケットの本社工場は、鈴鹿からも近い奈良県天理市にあり、もちろん自社工場にて製造しております。
ISAスプロケット製品紹介はこちらをクリック

大量生産&大量消費の時代に反して、こだわりの製法で独自のもの造りに拘る姿勢は素晴らしく思います。

アルミスプロケットは軽量で良いのですが消耗が早いとお悩みのユーザー様は一度使ってみてください。

ユーザーの声を聞いてくれる小回りの効く会社ですので、画像のセロー250用の520(ノーマルは428)コンバートスプロケットなんか面白い製品も販売開始されています。

ISAスプロケットは高い耐久性で有名ですが、真円度や平面度の高さでも世界的に有名です。

高回転域を多用するロードレーサーやスーパーモトでの使用が多いのも、こういう理由があるからこそなのです。

原因不明のチャタリングが実は、スプロケットの真円度不良から発生していた!?なんて事もあるんですよ。

sh287.jpg
またISAさんは、DIDチェーンの卸元でもありますので、ぜひぜひスプロケットと一緒にご注文くださいませ!

当店で使用率ナンバー1は、画像の520ERVTですね(一般公道走行車には適しません)。

スーパーモトやクロスカントリーはもちろんモトクロス使用でも、もうノンシールチェーンを使うことは無くなりましたね。

価格も手頃で、フリクションも少なく、なんといっても耐久性が良いです(見た目も黄金で豪華)!

最近のチェーンはカシメ結合が一般化してきました。クリップ結合は、どうしても外れる可能性がありますので避けられるようになってきました。

そんな時、チェーンのカットや取付けはやっぱりピット併設&国家整備士常時在籍の当店のご利用がおススメです。

上記マニアックな車両に限らず、スーパーカブから大型バイクまでチェーン交換お任せ下さいませ。

本日もご来店お待ちしておりま~す。



なんと2020年に新車のWR250Rが買えるチャンスです!

20new-wr250r-aus-bu.jpg
国内生産&国内販売が終了しても人気が劣ることない、ヤマハの名車WR250R

実は海外では、現在も新車で販売されている事は、あまり知られていませんが日本にも逆輸入車として輸入されています。

輸送費用や為替の関係で、日本の新車販売価格と同じという訳にはいきませんが、高騰している中古車の価格を考えると妥当な価格だと思います。

セレクションは逆輸入車のカスタマイズにも精通しておりますので、購入後のカスタマイズやサブコンピュータの取付けもお任せ下さい。

何といっても店主木村が現在クロスカントリーレースにWRで参戦しておりますので、何よりWRのノウハウには自信があります。

しかし、現在日本にある残りの台数が極少になってきましたので、ご検討のお客様は少しでも早目にご連絡&ご契約をおすすめ致します。

ストリート街乗りもするし、通勤にも使いたい、林道ツーリングも行きたいし、トランポないけどレースも出てみたい、なんてわがままな貴方に1台で応えてくれる、頼もしい相棒です。

是非ご検討よろしくお願い致します

価格はグーバイクネットから、ご覧くださいませ(ここをクリック)